スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にアシッド・テクノぶちかましました

どうもヨクシーです。

昨今、友人の勧めでYAMAHA AW4416を購入したんですが。中々使い勝手が宜しいです^^

こういうマシンでお洒落なEDMとか作っちゃいそうな物ですが、
僕は目的が違うので、ひたすらビートの音圧を上げるために
16chをフルで使い込んでます(笑)

もうビート・ボックスを惜しげもなくパラレルで突っ込んでね。

さすがはO2R直系のエンジン且つ非圧縮って感じです。
アタックの鋭いミニマル・ビートが打ち出せたと思います。

とりあえず、AW4416を駆使した新作トラックをお届けします☆



因みに詳しい製作記が見たい方は
コチラのJunk Techno Reportでご覧下さい↓

「YAMAHA AW4416でアシッド・テクノぶちかまし!!」


コチラは購入直後に機材チェックを兼ねて即興パフォーマンスを録画した動画です。



ではでは~
スポンサーサイト

これでもダメか・・・

どうも、ヨクシーです。

最近、SoundCloudでの再生回数の勢いが衰えてマジ危機感を覚えています(汗)

今回はパンチが利いてるとおもうんだけどな・・・・



そうそう、詳しい製作記はワード・プレスに移行して投稿してるんで
是非、コッチにいらっしゃいませ^^

New Junk Techno Report ↓

http://musiclabel-jtm.com/?p=255

宜しくね☆

久々のデモ・トラック

どうもヨクシーです☆
久しぶりに新作デモをアップ・ロードしました!!

今回はアシッドから離れて、よりオリジナリティのある作風に仕上げました(つもりw)

活躍してくれたのがiPhoneアプリのDM-1です。無料で手に入るものですが、
フリーなのに随分と使える内容になっています(僕なりに)

基本、リズムマシーンのイミュレーターですが、アグレッシブなループも
作成可能で、僕はここで作成したループをMPCにフレーズサンプリングして
使いました。特に、ランダマイズ機能が非常にレスポンスがよくて
強力なマシン・ビートが刻めます。使い方次第で無限にリズム帯を構築出来る
優れものですね☆

コチラから詳細は確認出来ます(iPad版もあるようですよ)
http://www.fingerlab.net/website/Fingerlab/DM1.html

それに加えて、今回はDSIのMophoをフューチャーしてみました。

YMOを匂わせるような独特なリフを織り交ぜてみました。

IMG_1258.jpg
(画像色が加工されてますが、間違いなく僕の所有物ですよwww)

しかし、やはりどう検証しても、僕のMS-404は半音ピッチがずれてるんだよな~
MIDI LEARNボタンで「C」の鍵盤おして設定すると「Cのスケール」が
「C#」になってしまうんです(汗)なので、設定する時は半音下げて「B」を
押さないとズレてしまうんですね・・・(やっぱり故障かな)

まあ、それ程問題じゃないので(笑)そのまま使います。

・・・という事で今回の使用機材はMPC2000XLとBassStation
MS-404、キックとスネアの補強にMFB-503、Mopho
そしてエフェクターにBossのSE-70を使いました☆

取り急ぎでNO画像ですがゴメンナサイσ(^_^;

では、新作「GAMER」をお届けします!!

当然ながらフリー・ダウンロード可能です☆

尚、「仕事の作業効率が上がる」と好評のオリジナル・アルバム
「Brainwash」も無料配布中です!!

宜しかったらお試し下さい、デスクワークの多い方にはオススメです☆

brainwashjaket.jpg



それではまた新作出来たらご紹介します!!

ではでは~^^

にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ
にほんブログ村

新作アルバム「Brainwash」製作レポート!!

あけましておめでとうございます!!本年も皆さん元気に頑張って行きましょう^^

・・・で、随分このブログの更新もご無沙汰で、随分読者さんが離れてしまった感が
ありますので、今年こそは毎日更新するぞ!!・・・などという確約出来ない約束は
しませんが(笑)もう少しコンスタントに製作レポートをして行きたいと思います☆

そして新年一発目、昨年末に急ピッチで完成させたミニ・アルバム「Brainwash」の
製作レポートと無料配布のご案内です。

今回は今までの作風を一変して「トランス」にチャレンジしてみました。

作り慣れている人からすると、どーって事ないジャンルなのかもしれませんが、
いざ新境地として取り組んでみると、あの独特な疾走感や美しさが中々表現しづらくて
大変苦労しましたね(汗)僕としては、今回音質その物より、雰囲気を大事に
してみたので、ミニマルやアシッドを製作している時の様な「音色一つ一つの拘り」
よりもフレーズやニュアンスに焦点を絞りました。

言い訳ではないですが、音作りや音源選びに手間をかけていると中々完成しなかったので
とにかく雰囲気が出るプリセット音をどんどん使った感じですね・・・

主に活躍してくれたのがRebirthとLALLAPALLOZA liteです。

sonargazou.jpg

Rebirthは言わずと知れたTB303×2、TR808、TR909のクローンを
一つに集約したワークステーション、古いソフトシンセですが今尚、活躍させました☆
LALLAPALLOZA liteはあのJP8000のイミュレータです。
やっぱ「Super Saw」がいいかな・・・って感じで主にリフに使いました。
昔はモノホンを所有していたんですがねぇ~訳あって泣く泣く手放してしまったので・・・
もう一度手に入れたい一台なんです(発売直後の購入だったので、特典で配布された
ケン・イシイさんのデモCD持ってますよ☆)

更に、今回は今までマスター・キーボードにしか利用してなかったKORGの
TR76の音色も使ってみました。何とサンプル機能もメモリーもフル装備してる
のに全く使ってないという勿体無い使い方してるので、ちゃんと使いましょうよ~
みたいな感じなんですが・・・今回はガッツリ使いましたよ^^

ただ、痒いのがフィルターとレゾナンスのかかり具合が、あるポイントでギュワーンと
かかってしまうので、ものすご~く使いづらかった(汗)徐々にスウィープする感じが
作りづらかったので、もう開き直って暴れさせました(笑)

IMG_1235[1]_convert_20130106013743

それ以外にはTX81ZとProteus/1をZOOMのディレイやリバーヴに通して
使いました。この辺が我がJUNKテクノらしき所ですね、4台合計で2万そこそこの
音源セットですwwwwでも意外にProteus/1が使えたんですよねぇ~
ホントはオークションに出してしまおうと思ってたんですが、売らなくて良かったです。
ストリングスやピアノの音が、古いとは言ってもさすがはE-muですね・・・しっかりしてます。
TX81Zは作りこんでるとキリがないので、コロンコロンした音に徹してもらいました。

IMG_1234[1]_convert_20130106015121

しっかし、ノイズが多くて・・・原因は誰じゃーってZOOMのエフェクターでした(汗)
まあ、二台合わせても5000円未満で手に入れたジャンクなのでねぇ~
その辺はノイズゲートをDATに落とす時に挟んで対処しましたが・・・ノイズが
無ければもっと派手にエフェクト処理が出来て面白かったと思いますね。

ともあれ完成したアルバム「Brainwash」を是非とも試聴してみて下さい!!



もし「気に入ったー!!」と言う方は、
早速下の請求ボタンからダウンロード申請お願いしますネ☆




ささやかなプレゼントで始まりましたが、本年も何卒JUNK TECHNO REPORTを
宜しくお願いいたします!!ではでは~^^

にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ
にほんブログ村

SoundCloudのダウンロード可能にしました☆

どうもヨクシーで~す^^ちょっと風邪気味で調子悪いこの頃ですが、
お仕事は順調って感じで、景気付けにSoundCloudで配信中のデモ・トラックを
全てダウンロード可能に設定しました(・・・というか、今までやり方が解らんかった・・・)

これまでヘンテコな感じでオリジナル音楽配ってましたが、
これで皆さんにご自由に貰って頂けるって事で、是非ダウンロードしてね☆

因みに一番上のは、本日UPしたYMOのFIRECRCKERのヨクシーRemixです。
ちょっといい加減なチャライ感じになってます(手抜き?!)

これにならって、ホームページも改善してゆくので、出来上がったらまた
ご紹介しますね(・▽・) ではでは~



にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ
にほんブログ村

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。